明大5季ぶりV王手、竹田祐5回1失点3勝目&満弾

<東京6大学野球:明大4-2慶大>◇第6週第2日◇19日◇神宮

明大が5季ぶりとなる優勝に王手をかけた。

先発の竹田祐投手(2年=履正社)が投打に活躍した。2回2死満塁で、慶大・佐藤の高め136キロ直球を引っ張り、左翼席へ放り込んだ。高1夏の練習試合以来という満塁本塁打で先制し、そのまま決勝点となった。投げては5回4安打1失点に抑え、今季3勝目。「(前打者の)西野さんの打席の時、回ってこいと思ってました。その思いが打席に出たと思います。(投球は)長いイニングを投げさせてもらえるよう、信頼を得たい」と話した。

明大は、同率首位で迎えた慶大戦で2連勝。今春初戦の立大1回戦に敗れた後は、8連勝だ。勝ち点4の単独トップに立った。次週25日からの法大戦で、1勝でもすれば優勝が決まる。

なお、早大はこの日の第1試合で明大が勝った時点で、今春の優勝が消えた。

その他の写真

  • 慶大対明大 2回裏明大2死満塁、竹田は左越え満塁本塁打を放つ(撮影・山崎安昭)
  • 慶大対明大 力投する明大先発の竹田(撮影・山崎安昭)