千葉市が準決勝敗退 エース不在も菊地好投が収穫

<リトルシニア 関東連盟夏季大会>◇16日◇準々決勝、準決勝◇千葉市5-1取手、浦和8-2千葉市◇茨城・桜川運動公園野球場

千葉市にとっては、浦和の初回の猛攻で失った6点が重かった。

エースの金綱が学校行事で不在のため、準々決勝で2番手の菊地弘樹が先発。強打の取手打線を5安打1失点で完投した。「投手がいないので」(加藤正次監督)と、準決勝では今季初めて先発した山田卓磨の立ち上がりを捕らえられた。2回に7番石井優和、8番衛藤航太朗の連続適時打で2点を返し、反撃ムードもあったが、3回以降相手投手陣に抑え込まれた。加藤監督は「ベスト4は出来すぎ」と話し、大会の収穫として「菊地がいい投球をしてくれた。日本選手権は連戦になるので」と、手ごたえもつかんだ。