友部4強入り逃す 快進撃も最後は逆転サヨナラ負け

<リトルシニア 関東連盟夏季大会>◇16日◇準々決勝◇浦和3-2友部◇茨城・桜川運動公園野球場

ノーシードからの快進撃を続けていた友部だったが、最終回逆転サヨナラに屈した。

初回に2死二、三塁で相手の暴投で先制。5回には1死三塁で2番榊原和羽(とわ)が絶妙のスクイズを決めて2点をリード。先発の鈴木泰成がコントロールのいいストレートで強打の浦和打線に立ち向かい、4回まで無失点に抑えた。5回に1点を失って1点リードの最終回、浦和の底力に2本の二塁打などで逆転負けを喫した。原田明広監督は「点を取らないと勝てません。シードでもないのに、夏にこだわってきた。精神面が弱いので、一発勝負ができるのかを問い続けてきた」と振り返った。瀬谷大夢主将は「うれしいけど、さらに上を目指していました。あと1点が取れなかった。チームとして自信がついたので、日本一目指して心の面を強化したい」と、話した。