日本準V楽天1位小深田が一時勝ち越し打も逆転負け

野球のアジア選手権は20日、台湾の台中で行われ、日本は決勝で台湾に4-5で敗れ、大会2連覇を逃した。

3-3の4回にプロ野球楽天からドラフト1位指名された小深田大翔内野手(大阪ガス)の適時打で勝ち越したが、直後の五回に2点を奪われた。(共同)