矢野監督、変化兆し大山に「打球の質が良かった」

阪神矢野燿大監督が大山の打撃フォームに変化の兆しを見た。

第2クール初日の内容について「打球の質が良かった。下(半身)が先に始動してバットが巻き付いている感じ。レフト線への打球をファウルにするのかフェアにするのかはすごく差が出る。今日の打ち方だったら切れない」と評価。フリー打撃後には話し合う場面もあった。バットを内側から出す意識を持っているという大山は「続けないと意味がない。1日良くても明日出来るわけじゃない」と継続を強調した。

その他の写真

  • 山本昌臨時コーチ(左)と話す矢野監督。手前は福原投手コーチ(撮影・上山淳一)