阪神西勇輝に若林忠志賞 継続した社会貢献活動

阪神は13日、19年度の若林忠志賞に西勇輝投手(29)を選出したと発表した。

若林忠志賞は11年から設けられ、継続的に社会貢献活動やファンサービスに取り組み、野球人として優れた見識を持つ選手を表彰する制度。阪神の創成期からエースとして活躍し、社会貢献活動やファンサービスのパイオニアでもあった球団OBの故若林忠志氏の名前から命名された。

西は、11年から日本赤十字社や日本財団子どもサポートプロジェクトへの寄付を毎年行うなど、継続した社会貢献活動が評価された。

授賞式は11月下旬の球団納会で行われる。