東海大・海野「負けるのはださい」神風の勢い乗った

<明治神宮大会:東海大7-3中大>◇大学の部2回戦◇18日◇神宮

東海大に風が吹いた。3点を追う4回、小松の当たりは風に乗って中越えの2点適時三塁打。5回は杉崎の左中間へ当たりが伸び、2点適時二塁打に。さらに、続く海野隆司主将(4年=関西)の遊飛は風で落下地点がずれ適時失策を呼んだ。

1回戦の東北福祉大戦は9回に4敵失でサヨナラ勝ち。海野は「これだけついてるのに負けるのは、ださい。(幸運を)味方につけたい」と、日本一への追い風とすることを誓った。

その他の写真

  • 東海大対中大 5回表東海大2死一、三塁、左越え2点適時二塁打を放ちガッツポーズする杉崎(右)(撮影・足立雅史)
  • 東海大対中大 4回表東海大2死二、三塁、2点適時三塁打を放つ小松(撮影・足立雅史)