青学大を提訴500万請求 野球部入部拒否され

青学大野球部に入部を拒否され精神的苦痛を受けたとして、元学生の男性が大学を運営する学校法人青山学院(東京)と硬式野球部監督に、計500万円の損害賠償を求めて秋田地裁に提訴したことが19日、明らかになった。

訴状によると、男性は昨年3月に秋田県内の高校を卒業。1浪後の今年、野球部ホームページの「セレクション等はない」との記載や「入部前の練習参加が必須だが、出来による『ふるい落とし』はない」旨の野球部マネジャーからのメールを信じて受験し、合格した。入学手続き後の3月、高校時代の野球部関係者を伴い練習に参加した際、監督から間接的に「途中で首を切ることもある。今断るのが優しさだ」と告げられた。入部を拒否された男性は、8月に退学届を提出した。男性は教員志望だったが、合格したのは教職課程を履修できない法学部。野球部に確実に入部できると判断したため入学を決めており、精神的苦痛は大きいと主張している。