近畿学生野球連盟が開幕延期、10戦勝率で順位決定

近畿学生野球連盟は28日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、4月4日に予定していた春季1部リーグ戦の開幕を同24日に延期することを決め、発表した。順位決定方式は従来の勝ち点制ではなく、2試合ずつの総当たり、計10試合の勝率によって決める。

連盟によると、開幕延期と1部の勝率制導入は初めて。開会式は中止し、試合は無観客で行う。

感染防止のため、選手、スタッフには移動時のマスク着用を求め、起床後の検温で37度5分以上の場合は参加を不可とする。また、ロッカールームの入れ替わりの際にアルコール消毒を行うなどの対策を講じる。(共同)