プロ野球の感染予防ガイドラインは近日中に公開へ

プロ野球は25日、12球団代表者会議を開き、同日に1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除されることを前提として、6月19日の開幕を発表した。当面は無観客とする。

  ◇  ◇  ◇

感染予防のためのガイドラインは代表者会議で約80ページに取りまとめられ、選手会にも提案して近日中に公開する予定だ。感染者が出た場合の対応についても盛り込んでいる。

また、Jリーグと合同の新型コロナウイルス対策連絡会議で、専門家メンバーから選手の負担軽減のために特別ルールを設けることを提言されている。3時間半、9回打ち切りなどが検討されているとみられる。斉藤コミッショナーは「検討中です。そういうことも考慮しています」と話した。また次回の対策連絡会議は6月8日に行われ、同日は実行委員会と理事会も開催される。