関西学生連盟の春季リーグ開催決定、8月9日から

関西学生野球連盟は15日、大阪市内で臨時常任理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていた春季リーグ戦を8月9日から開催することを決め、発表した。

試合は無観客で実施する方針。従来の2戦先勝方式の勝ち点制から1回戦総当たりのポイント制に変更し、延長戦は行わない。大阪市南港中央球場、わかさスタジアム京都の2球場を使用し、8月16日までに日程を終える予定。

感染防止のガイドラインを作成し、選手は試合の2週間前から健康観察チェックシートに体温を記入、試合当日も来場者全員に検温を求めるなど感染防止策を徹底する。同連盟の村山嘉男理事長は「連盟所属の選手が感染し、練習施設が使えなくなるなどしたら中止に追い込まれると思っている」と話した。

6月の臨時常任理事会で8月9日の開幕を目指すことが決まっていた春季リーグ戦は、加盟6校全てが開幕1カ月前までに練習を再開していることが開催の条件だった。活動再開が遅れていた京大が7月10日に練習可能となったことで、実施にこぎつけた。