法大初タイブレーク勝利、リーグ初打席の神野が犠飛

  • 早大対法大 試合後、サヨナラの中犠飛を放った法大・神野(中央)はナインにもみくちゃにされる(撮影・滝沢徹郎)

<東京6大学野球:法大2-1早大>◇第3日◇12日◇神宮

法大初のタイブレーク勝利は、リーグ初打席の神野太樹外野手(3年=天理)がもたらした。10回1死満塁で犠飛を打ち上げた。

ヒーローは「緊張しないタイプ。高めの速球狙い1本で行きました」と話した。前日11日に元監督の山本泰氏が死去した。青木久典監督(47)は「天国から見届けて、力をくれたと思います。大事なゲームで力をもらいました」と話した。同監督が大学時代に3年間お世話になった恩師。「厳しくてノックがうまかった。勝ててよかった」。しみじみと話していた。