巨人小笠原、日本シリーズ40人枠外れる

 巨人小笠原道大内野手(40)が日本シリーズ出場資格者(40人)から外れた。事実上、戦力構想から外れた形。小笠原は現役続行を希望しているだけに、今後の動向が注目される。

 シーズン終盤からクライマックスシリーズにかけては、故障に悩まされ、リハビリを行っていた。打撃練習を行うまでには回復していたが、日本シリーズの戦力になることはできなかった。

 今季は5月18日に1軍に昇格し、6月の日本ハム戦でサヨナラ3ランを放つなど、鮮烈なイメージを残したが、同29日に出場選手登録を抹消された。それ以降、1軍への昇格はなく、2軍での調整が続いた。今季の1軍成績は22試合に出場、打率2割5分。本塁打1本。8打点だった。

 

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング