春場所「通常開催は難しい」スポーツ庁から要請届く

新型コロナウイルスの感染拡大で、大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)の開催可否を検討している日本相撲協会にスポーツ庁からスポーツイベントの中止、延期、規模縮小を要請する文書が届いたことが26日、分かった。同協会は3月1日の臨時理事会で通常開催、無観客開催、中止の三つを選択肢に最終決定する。

協会関係者は一様に通常開催が困難との見通しを示した。ある理事は「(通常開催は)厳しいだろう。最悪のことを考えて判断していかないといけない」と話し、協会担当者の一人も「難しい部分。国益を考えないといけない。公益財団法人という面もある。いろいろなリスクを考えないといけない」と説明。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「今の時点では何もお話をすることはない」と述べるにとどめた。

また協会は3月7日にエディオンアリーナ大阪で実施する土俵祭りに力士が出席せず、一般来場者なしで行うと発表。2月29日に予定されていた大阪市の住吉大社での横綱奉納土俵入り、3月3日の前夜祭は中止になった。(共同)