夏場所開催の判断先送り コロナ感染拡大の情勢注視

日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、夏場所(5月10日初日、両国国技館)開催の判断を先送りした。前売り券の販売時期を含めて、今後の新型コロナウイルス感染拡大の情勢を注視した上で見極める。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、理事会での意見の中では、春場所に続く無観客開催のほか、観客を入れた上で客席を間引く意見も挙がったという。

日程の変更についても発表された。夏場所前の5月2日に行われる予定だった横綱審議委員会による一般公開の稽古総見は中止。8月12、13日に国技館で行われる予定だった「大相撲 東京2020オリンピック・パラリンピック場所」も中止となった。

また国技館でボクシング会場となるはずだった東京五輪の開催延期については、5月、9月などの本場所開催時期と重なった場合は本場所を優先したい意向を示した。