荒磯親方複雑「2度とないよう」東京で迎える誕生日

大相撲の荒磯親方(元横綱稀勢の里)が3日、34歳の誕生日を迎えた。本来なら7月場所(19日初日)開催地の名古屋市で迎えるはずが、新型コロナウイルスの影響で開催地が両国国技館に変更となり、角界入り後では初めて都内で迎えた。

報道陣の電話取材に応じ「相撲界で生きている人間として(誕生日を)東京で迎えることが2度とないようにと思っています」と複雑な心境を明かした。所属する都内の田子ノ浦部屋では、稽古まわしを締めて土俵に下りているという。春場所で左大腿(だいたい)二頭筋を痛めた弟子で平幕の高安について「問題ないと思う。少しずつ良くなっている」と明かした。