NGT荻野由佳「信じて歩んで」にも、厳しい指摘

NGT48の荻野由佳(19)が13日、自身のツイッターを更新し、山口真帆(23)が男性2人から被害を受けた暴行事件について語った。

冒頭で「今回の一連の中でファンの皆様にご心配をおかけしてしまった事をNGT48のメンバーの一人としてお詫び申し上げます」と謝罪。その上で、「私たちがするべき事は、歌ったり踊ったり、握手会などで皆さんと一緒に笑顔で過ごす事だと思っています」「私は今までもこれからもファンの皆さんを悲しませる事や、裏切るようなことは絶対にしません。もちろんメンバーやスタッフの皆さん、関わってくださる全ての方に対してもです」とつづった。

さらに「ファンの皆様 私を信じてこれからも一緒に歩んでほしいです」と記した。

グループのエース格である荻野にとっては、事件をめぐるファンの動揺を収める目的もあっての投稿と思われる。しかし、メンバーの事件関与も疑われていることから、ネット上では既に「歌ったり踊ったりというのは、真実が解明されてからだ」「信じてほしいなら運営並びに支配人が率先して呼び掛けるべき」などの厳しい指摘が相次いでいる。