女性アナの水曜日

フジ藤本万梨乃アナ 目標は東大先輩佐々木恭子アナ

<フジテレビ 藤本万梨乃アナ(下)>

フジテレビ系「めざましテレビ」(月~金曜午前5時25分)のレギュラーを務める、新人の藤本万梨乃アナウンサー(24)。アナウンサー生活の今、そして未来を聞いてみた。

東大出身の新人アナ、フジテレビ藤本万梨乃アナウンサー
東大出身の新人アナ、フジテレビ藤本万梨乃アナウンサー

入社して7カ月がたった。

「まだまだ、勉強の毎日。取材内容が出発の1、2時間前に決まることもあるので、ずっと勉強しています。朝10時に言われて、正午に出発。千葉、埼玉と回って夜まで取材。後は帰って寝るだけ(笑い)。だいたい午後10時には寝ています。そういう取材が、週に3日くらいですね」

目標とするアナウンサー像がある。東大の同窓でもある、先輩の佐々木恭子アナウンサー(46)だ。

「自分が小学生だった頃から見ていて、かっこいいなと思っていました。(明石家)さんまさんの隣に座ってバラエティーの進行をやられていたかと思えば、『報道2001』では専門家がズラリと並んでいる真ん中で仕切っていて。いろいろな顔を持っているのが、すごいと思っていました」

憧れの人と一緒に仕事をするようになった。

「アナウンス室の勉強会の資料を一緒に作成したのですが、相談したり議論をしながら、すごく楽しく、優しく教えていただきました。いいところはほめてくださいますし、できないところはしっかりとフォローしてくれる。でも、ちょっと天然なところも。ビデオカメラが使えなくて『分からな~い』って(笑い)」

笑顔でポーズを決める藤本万梨乃アナウンサー
笑顔でポーズを決める藤本万梨乃アナウンサー

やってみたい番組がある。

「もし自分の出る番組を作るとしたら、芸人さんが真ん中にいる情報番組を一緒にやりたいですね。ニュースを硬すぎず、軟らかすぎずに、時には笑いも交えて伝える情報バラエティー。芸人さんは、カズレーザーさん。初めて進行を務めた番組で、やりやすいように『藤本、行けっ』と空気を開けてくださいました。コメントも的確で説得力がある。いつか一緒にできたらいいですね」

夢は無限に広がっている。(おわり)

【小谷野俊哉】

◆藤本万梨乃(ふじもと・まりの)1995年(平7)10月30日、福岡県生まれ。東大医学部健康総合科学科在学中に、ファッション誌「non・no」のモデルやAbemaTVのキャスターを務める。19年4月にアナウンサーとしてフジテレビ入社。10月から「めざましテレビ」のフィールドキャスター。趣味はクラシックバレエ、ダンス、半身浴。血液型AB。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング