宝塚 ~ 朗らかに

毎回専門家の手で装着 こだわりの「つけ鼻」/轟悠

コロナ禍に揺れた20年最後の開幕作「ミュージカル『シラノ・ド・ベルジュラック』」が、大阪市北区のシアター・ドラマシティで12日まで上演されている。専科スター轟悠主演の星組公演。星組選抜メンバーを引き連れ、17世紀フランスを舞台に、大鼻を持つ剣豪詩人を好演している。

もともと、ギリシャ彫刻のような彫りの深い顔立ちの轟。その顔に、大きな鼻。元トップの専科スターは、ちゃめっ気たっぷりに剣豪詩人を演じ、切なさ、深い情愛を表現した。

戯曲をもとにした今作は、1897年に初演。宝塚では95年「剣と恋と虹と」として舞台化された。主人公は、剣豪詩人シラノ・ド・ベルジュラック。大きな鼻にコンプレックスを抱きつつも、剣の腕、文才ともに卓越した才能を持つ。

国内ミュージカルでは鹿賀丈史の当たり役として知られ、轟も毎回、専門家が15分ほどかけて「つけ鼻」を装着して臨む。ポスター撮影時の「つけ鼻」よりも、轟がこだわり抜き、さらに高い「つけ鼻」に仕上げた。真剣がゆえにくすっと笑える-。だが、喜劇には寄せない。

轟は「コケティッシュにはならないように、友情も、仲間との結びつき、妹のようにかわいがっているロクサアヌ(ヒロイン)への心情の変化で、引き込んでいけたら」と言い、役柄を固めてきた。

主人公が持つコンプレックスも、ファンに共感を抱いてもらえるのではないかと考える。「お客さまも、皆さん自分の立場でそれぞれあると思う。ご自身を重ね合わせる部分が、多く含まれているのではないか」とも話している。

轟と、瀬央ゆりあ、天寿光希、極美慎ら星組選抜メンバーによる今作。ヒロインは実力が確かな8年目の小桜ほのか。主人公のいとこ役を演じ、瀬央ふんする新任士官にひかれる役どころ。轟、瀬央らを相手に、歌、芝居に堂々と渡り合った。【村上久美子】

夢の舞台を創り続けて100年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング