道頓堀にシン・ゴジラ長谷川博己と石原さとみも登場

 東宝「ゴジラ」シリーズ最新作「シン・ゴジラ」(樋口真嗣監督、29日公開)のキャンペーンイベントが26日に大阪・道頓堀川で行われ、主演の長谷川博己(39)石原さとみ(29)が参加した。船に乗った2人がサプライズで登場すると、8000人が集まった。

 石原は03年NHK連続テレビ小説「てるてる家族」の収録期間中、大阪に住んでいたこともあり「人生で初めて1人暮らしをした思い出の町。肌は関西人なのでうれしい」。「シン・ゴジラ」では日本政府と渡り合う米大統領特使を熱演。「難しい役でプレッシャーの毎日でした」。

 イベントでは船から高さ2・4メートルのゴジラの首が出現。その歯が金歯だったのを見た石原は「ゴールドだから大阪仕様な感じがします」と笑った。

 同映画は全国11カ所のキャンペーンを終了。うち4カ所に出席した長谷川はこの日「よろしくお願いします。おおきに! おおきに!」と関西弁で最後のPRをしていた。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング