アムラーのイモトアヤコ、安室紅白見れず同情の声

 歌手安室奈美恵(40)が今年大みそかのNHK紅白歌合戦に出場することが発表され、アムラーとして知られるタレントのイモトアヤコ(31)に同情する声があがった。

 NHKは19日、安室が特別出演歌手として出場すると発表。紅組にも白組にも属さない形で歌うという。

 11月16日に発表された出場者リストには含まれていなかったが、粘り強く交渉を続けたNHKのラブコールが実った形だ。

 安室の出場決定にネット上では歓喜の声が多数あがったが、散見されたのがイモトへの同情。イモトは安室の大ファンで、9月に安室が来年での引退を発表した際にはインスタグラムに「正直あんまりにもびっくりしてなかなか実感がわきません」との思いをつづっていた。

 そのイモトは、レギュラー出演する日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」の登山企画で南極大陸最高峰「ヴィンソン・マシフ」に挑戦するため、今月13日に出発。そのまま現地で新年を迎えることになる。

 紅白の観られない現地での年越しとなるイモトに、ネット上では「安室ちゃん紅白出るのに、南極で年越しするイモトかわいそう」「イモトさんのために南極でも紅白観れるようにしてあげて下さい」「イモト...おまえ紅白観れへんのか」「内村さん、局を越えて良いからイモトをNHKホールに呼んであげて」などといった声が続々とあがっている。