水卜麻美アナのミニスカ制服姿に加藤浩次「短っ!」

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)が、学生時代の制服姿の写真を公開し、ファンを喜ばせた。

 10日放送の同局系「スッキリ」は、学生服の歴史について特集。デザインや機能などの進化を紹介した。

 過去の例として、出演者たちの学生時代の写真も公開された。ハリセンボンの近藤春菜は高校2年だった99年、修学旅行で沖縄に行った際の写真を披露。通っていた学校の制服はファッションデザイナー桂由美さんがデザインしたものだと説明したが、その制服姿の自身については「皆と同じ制服着てるのに、もうすでに『先生、こっちですよ』って言われた……」と自虐して笑いを誘った。

 水卜アナは中学2年だった02年、修学旅行で大阪・道頓堀を訪れた際の写真を披露。くいだおれ人形と一緒に写した、まだあどけなさが残る水卜アナの制服姿に、MCの加藤浩次は「かわいいねぇ~」と目を細め、水卜アナは「やったぜ!」と喜んだ。

 水卜アナは続けて高校3年時の写真も公開。中学時代のスカート丈は膝下だったが、「高校からデビューしました」というミニスカート姿に、加藤は「短っ! ちょっと……やってたね。こんな短いスカートはいてた」と驚くと、水卜アナも「やっちゃいました。すっごいここ折ってました」と振り返った。

 水卜アナの制服姿の写真に、ネット上では「高校時代の水卜ちゃん可愛すぎでしょ」「水卜アナのJK時代の姿いいなぁ」「水卜ちゃんの女子高生写真可愛すぎやろ」「高校時代の水卜ちゃんまじ天使」との声が多数あがった。