元カリスマキャバ嬢立花胡桃が芸能界引退 保育士に

元カリスマキャバクラ嬢で作家・タレントとして活動する立花胡桃(37)が、3月いっぱいで芸能界を引退することを発表した。引退後は保育士として活動するという。

立花は20日更新のブログで「私は3月いっぱいでバラだんも芸能界も卒業して 本格的に保育士として生きていきます」と報告。昨年10月に専門学校に通い始めた頃から考えていたという。「私は今まで華やかな世界にいましたが 子どもたちと砂場遊びをしたり、泣いている子どもをあやしたり、赤ちゃんにミルクを飲ませたりする方が幸せを感じます そういった保育士として子どもの発達に寄り添いたい思いと、もう一つ、子どもの虐待に向き合っていきたいという思いがあります」とつづった。

幼い子どもを育てる母親として、昨今、児童虐待事件が相次いでいることに「私にも出来ることがあるんじゃないか…行動すべきじゃないか…とずっともどかしい思いを持ってきました」という。「私には8歳の息子がいますが、息子が生まれた年からある児童養護施設に支援をさせて頂いています 中々時間がなくて浅い付き合いになってしまっていますが、これからはもっと関わりを持っていきたいです」と立花。「保育士の収入が低いことも重労働なことも理解しています 不安もありますが、やる気でいっぱいです まだ専門学校卒業まで少し時間がありますが保育士として自分が出来ることを精一杯つとめていきたいと思います」と意気込みをつづった。