真木蔵人が骨盤骨折 スノーボード滑走中に木に激突

俳優真木蔵人(46)が、今月3日に国内でスノーボード滑走中に木に激突し、骨盤を骨折する全治2カ月の大けがを負っていたことが6日、事務所関係者の話で分かった。

真木は、この日から放送開始されるAbemaTV「格闘代理戦争4thシーズン」(土曜午後10時)への出演が決定しているが、けがの状況を見ながら出演していくという。

同番組は、格闘技界の次世代スターをフィーチャーする格闘ドキュメンタリー番組で、真木はナビゲーターとしての出演が決まっていた。