戦友、佐藤浩市&渡辺謙 原発事故描く映画への思い

俳優佐藤浩市(58)と渡辺謙(59)が17日、都内で、映画「Fukushima50」(20年公開、若松節朗監督)のクランクアップ会見に出席した。日本を代表する大物俳優2人が、11年の東日本大震災で原発事故を起こした福島第1原発で、その当時に何が起こっていたのかに迫る。

佐藤は、福島第1原発1・2号機当直長・伊崎利夫を、渡辺は吉田昌郎元所長(故人)を演じている。2人は13年の映画「許されざる者」以来の共演となる。互いに「信頼できる同志」という関係で佐藤が「戦友のような気持ちで頑張って来られた」と語ると、渡辺も「佐藤浩市という俳優が立ってくれるということで、彼を頼りに吉田さんをやらせていただきました」と称賛した。

渡辺は、登場人物として唯一、本名で登場する吉田元所長を演じる。「非常にプレッシャーのある役でした。吉田さんの近くで働いてた方と話す機会があって、テレビに映し出されてない吉田さんはどうだったのかをかなり聞かせていただきました」と振り返った。

公開は20年になるが、佐藤は「まだ8年か、もう8年かはひとそれぞれ違うと思う。この映画をその当時、とても衝撃的な印象の中でまだ振り返ることができないという方もいるでしょうし、記憶がない10代の人たちもいる。若い世代に何かを感じ取ってもらいたいし、生きるにあたって何が必要なのか、必要ないのか、おのおので感じてもらいたい」。一方、渡辺も「単に反原発、いいか悪いかを問う映画ではない」とした上で、「論理的に検証する材料にしてほしいし、いまだに福島はゼロになってないという現実を忘れないでほしい」と熱く語った。【上岡豊】

◆Fukushima50 東日本大震災で原発事故を起こした福島第1原発が舞台。タイトルの「Fukushima50」(フクシマフィフティ)は、事故以降も現場に残り続けた50人の作業員のことを海外メディアが紹介した時の呼び方。原作は門田隆将氏のドキュメンタリー「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」。決死の覚悟で発電所内に残った50人がいかにして大事故と戦い続けたのかが描かれる。

その他の写真

  • トークセッションで、笑顔を見せる渡辺謙(左)と佐藤浩市(撮影・鈴木正人)