かとうれい子が主題歌担当の映画「声」上映会PR

「声」を介した人と人との出会いをテーマに、今年1月に公開された映画「声」の主題歌「あなたの声が聞こえる」を歌う歌手かとうれい子(37)と、同曲の作詞作曲を手掛けた作詞家たきのえいじ氏が19日、大阪市北区の日刊スポーツ新聞社を訪れ、同映画の上映会とミニコンサートのPRを行った。

同映画は病が原因で失明した男性が旅に出て、さまざまな人との出会いを通して心の安定を取り戻していく物語。同作品のプロデューサーがたきの氏と旧知の仲で、曲の制作を依頼したことがきっかけ。脚本を読んだたきの氏が「人間の中身を描く、とてもよい作品」と感銘を受け、有志で曲を寄贈した。

曲は映画の世界観をそのまま描写するのではなく、渋谷のスクランブル交差点で主人公が立ち止まって空を眺めている姿を想像した。たきの氏は「映画の精神面のみを投影。たくさんの人、声が行き交う中で、『あなたの声が聞こえる』という感じ」。

実は映画の完成よりも曲は先にでき上がっていた。かとうは「普通は順序が逆ではないかと思っていたが、作品が出来上がったときに『こういうことだったんだ』とふに落ちた」という。「ミニコンサートでは泣く人もいる。それぞれ自由に曲を受け取って楽しんでほしい」。

映画「声」の上映会と主題歌のミニコンサートは20日午後1時半から京都市伏見区の京都市醍醐交流会館で行われる。