香取慎吾、ジャニーさんに「怒られたこと全部身に」

香取慎吾(42)が19日、都内で行われた20年東京五輪・パラリンピック大会の「フィールドキャスト・シティキャストユニフォーム発表会」に出席後、9日に亡くなったジャニー喜多川社長(享年87)についてコメントした。香取は「SMAPを生んでくれた方。自分のアイドルとしての生き方をたくさん教えていただき、感謝しています」としみじみと語った。

ステージ上での目線などジャニーさんからさまざまなことを学んだといい、「気まずい時や取材などが終わって部屋から出る時、ワンクッションおくために『おなかがすいた』と言うことを教えていただいたことも思い出しました」と明かした。その上で、「結構、怒られた方でした。でも、その怒られたことが今となっては全部身になっている」と感謝の気持ちを表した。

また、これに先立ち稲垣吾郎(45)草なぎ剛(45)香取の3人の連名でジャニーさんを悼むコメントを発表した。「僕らは、僕らのそれぞれの想いを込めて、今、自分達のいる場所からお別れをさせていただきました。どんな時でも背中を押してくれたジャニーさん、ありがとうございました」とし、「心からご冥福をお祈りいたします」と結んでいる。

3人は17年9月にジャニーズ事務所を退所。独立が発表された際、ジャニーさんは、「どこにいようとも、またどのような立場になろうとも、彼らを思う気持ちに変わりはありません」などとコメントし、温かく送り出す意向を示していた。