亜生、ディズニー映画で母に「変なことしちゃダメ」

佐藤二朗(50)と兄弟お笑いコンビ「ミキ」の亜生(31)が19日、都内で開催された映画「ライオン・キング」の大ヒット記念イベントに出席した。

佐藤は陽気なイボイノシシのプンバァ、亜生は仲間思いのミーアキャット、ティモンの日本語吹き替えを担当している。同作は公開10日で動員236万人、興行収入33億5000万円と大ヒット公開中だ。

佐藤は「息子と見に行きました。(作中、自身の役の部分で)お客さん笑ったんです。そうしたら、7歳の息子も笑ってくれて。うれしかったですね」。一方、亜生は「母親が初日に行って『立派だね』って言ってくれました。『ディズニーの仲間入りしたんだから、変なことしちゃダメ』って言われました」と話した。

途中、昴生(33)が乱入。「オレも歌うまい。負けないところをやらせて」と主題歌を歌い始めて会場を沸かせた。

この日は他に、日本版オフィシャルソングを担当するRIRI(19)、主人公シンバの子ども時代の日本語吹き替えを担当した熊谷俊輝(11)も登壇した。