宮迫は子供食堂で活動、入江は清掃活動で反省の日々

元吉本芸人のオモロー山下こと、ジャーナリストのインタビューマン山下氏(50)が20日、フジテレビ系情報番組「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜午後1時45分)に出演して、吉本興業から7月19日に契約解消された雨上がり決死隊宮迫博之(49)とカラテカ入江慎也(42)の近況について語った。

闇営業で反社会的勢力の会合に出席して謹慎処分を受けていた吉本興業の芸人7人が、前日の19日に東京・新宿のルミネtheよしもとで仕事復帰。山下氏は、25年来の付き合いの宮迫について「後輩の復帰を『早く復帰できて、よかったなあ』と話していました。ボランティアに行く以外は引きこもっていて、5キロ痩せたそうです」と話した。先週から子ども食堂で児童に食事を提供する活動も始めたという近況も伝えた。

また、闇営業に仲間の芸人を仲介したとして6月4日に吉本興業から契約を解消された入江は、同日のTBS系情報番組「ビビット」(月~金曜午前8時)にメッセージを寄せた。前日19日に、闇営業で謹慎していた吉本芸人11人の処分が解けたが、番組は入江の「みんなには本当に申し訳ないと思っています。みんなの優しさに感謝しかございません」というメッセージが紹介された。

山下氏は、フジテレビの番組で入江について「毎日1時間の清掃活動をして、反省の日々のようです」と話した。

その他の写真

  • カラテカ入江