「スカーレット」戸田恵梨香の喜美子へ19・9%

NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜、午前8時)の10日に放送された第10回の平均視聴率が19・9%(関東地区)だったことが11日、ビデオリサーチの調べで分かった。最高視聴率は第9回の20・8%。

物語は焼き物の里の滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとなる主人公、川原喜美子の波乱の人生を描く。女優戸田恵梨香(31)が主演を務めるが、本格的な登場は第2週以降。初回は子役の川島夕空が喜美子を演じ、貧しい家庭の設定ながら明るく元気な雰囲気を醸し出していた。

あらすじは、同級生の熊谷照子(横溝菜帆)の行方不明騒ぎが起こり、川原喜美子(川島夕空)らは必死に捜す。家出の理由はわからなかったが、照子は無事見つかる。

一方、草間(佐藤隆太)は喜美子の家から旅立つ。

そして、5年がたち、15歳となった喜美子(戸田恵梨香)はもうすぐ中学を卒業する。