大麻所持、懲役6月求刑、ドラゴンアッシュ金子被告

自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反の罪に問われた人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」のメンバー金子賢輔被告(33)は16日、東京地裁の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役6月を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を求めて即日結審した。判決は30日。

検察側によると、家宅捜索の際、被告が大麻を落とし、所持が発覚。調べに対し「大阪で友人からもらった」と説明した。被告人質問では「リラックスするため、約10年前から月に1、2回吸っていた」と供述し「多くの人に迷惑を掛けた」と謝罪した。

起訴状によると、金子被告は7月19日、京都市下京区の当時の自宅で大麻約0・23グラムを所持したとしている。

金子被告は、他に所属するバンド「RIZE」のメンバーでギタリストCharの息子マック・ファーデン・ジェシー・ソラト被告(39)とともに逮捕、起訴された。ジェシー被告の判決は今月29日に言い渡される。