笑福亭仁智「これからだった」桂三金さん通夜

9日に脳幹出血のため48歳で急死した落語家、桂三金(本名・奥野武志=おくの・たけし)さんの通夜が12日、大阪市北区の「大阪北玉泉院」で営まれた。師匠の桂文枝(76)、上方落語協会会長の笑福亭仁智(67)ら約550人が参列した。

参列後、仁智は「いまでも信じられない」と言葉を詰まらせ、「彼も『えぇ~、なんでや』と思っているはず」とショックを隠せない様子。

体重120キロを超える巨漢をネタにして笑いをとることもあった三金さん。仁智は会う度に「やせへんな。企業努力してるな」とジョークを交えて会話していたという。祭壇にはポテトチップやフライドチキンが供えられた。

「アイデアマンで芸の上ではまだまだこれからだった。本人にとっても悔しくて無念。協会にも欠かせない人物だった」としのんだ。