沢尻容疑者「以前からMDMAを、他の違法薬物も」

合成麻薬MDMA所持容疑で逮捕された女優沢尻エリカ容疑者(33)が「以前からMDMAを使用していた。他の違法薬物も使ったことがある」という趣旨の供述をしていることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

逮捕の約1カ月前、警視庁に、MDMAとは別の「違法薬物を所持している」などとの情報提供があり、組織犯罪対策5課が内偵捜査していたことも判明した。

押収したMDMAは以前から自宅で保管していたとみられている。継続的に違法薬物を使用していた可能性があり同課は詳しく調べる。17日朝、麻薬取締法違反容疑で送検した。

捜査関係者によると、沢尻容疑者は15日夜に自宅を出て東京・渋谷のクラブへ行った。同課は16日朝、帰宅と同時に家宅捜索し、自室の棚に置かれていたアクセサリーケースの中からチャック付きの小さなポリ袋に入ったカプセル2錠を発見した。帰宅時の手荷物に薬物はなかったという。

同課はうち1錠を鑑定しMDMAと特定。粉末は0・09グラム(90ミリグラム)で1回の使用分とみられる。残る1錠と尿の鑑定を進めている。

沢尻容疑者が留置された東京湾岸署には17日早朝から数十人の報道陣が集まった。送検のため容疑者を乗せた車は午前8時10分ごろに署を出発。カーテンが引かれ、車内はうかがえなかった。(共同)

その他の写真

  • 沢尻エリカ