沢尻エリカ容疑者の尿鑑定で違法薬物は陰性反応

合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優沢尻エリカ容疑者(33)について、尿鑑定の結果、MDMAを含む違法薬物は陰性だったことが20日、警視庁組織犯罪対策5課への取材で分かった。これまでの取り調べではMDMAの使用を認める供述をしており組対5課が経緯を捜査している。

組対5課によると、沢尻容疑者は「初めて違法薬物を使ったのは10年以上前で、大麻やLSD、コカインも使った」という趣旨の供述をしていた。

捜査関係者によると、所持していたMDMAについては「数週間前にイベント会場で知人からもらった」と説明。押収した携帯電話の解析などから入手ルートの特定を急いでいる。(共同)