神木隆之介が謎解き会開催「魂を込めた作品だから」

神木隆之介(26)の主演映画「屍人莊の殺人」(13日公開)の謎解きイベントが9日、都内で行われた。

劇中で鮮やかな謎解きを披露する神木らに挑戦したのは東大生タレントの松丸亮吾(23)。松丸は「面白い作品でした。恥ずかしい話、犯人もトリックも外してしまいました」と持ち上げた後、得意の謎解きクイズを出題した。

第1問は「魂を込めた作品だから」と緊張気味の神木が数秒で正解。2問目は難航の末共演の浜辺美波(19)が答えにたどり着いた。超難問の3問目も神木が奇跡的の10秒あまりで正解を出し、もう1人の参加者、中村倫也(32)だけが無回答。劇中では「ワトソン」役の神木が「真のホームズ」の優勝たすきをかける皮肉な結果となった。

松丸は「3問目はスタッフの誰もが解けなくて、もう少し解きやすい問題を考えたくらいです」と神木の鋭さに感服。映画では「ホームズ」役の中村は「全然分からなかった!」と苦笑いした。

その他の写真

  • 謎解きで絶好調の神木隆之介(中央)。左は浜辺美波、右は中村倫也(撮影・河田真司)