梅宮アンナ「最高のパパでした」葬儀中泣き崩れ

12日に慢性腎不全で亡くなった俳優梅宮辰夫さん(享年81)の葬儀が14日、都内の斎場で営まれた。

近親者や近しい関係者、演出家テリー伊藤(69)やタレントせんだみつお(72)ら約100人が参列した。

関係者によると同斎場は17年1月に亡くなった松方弘樹さんの密葬も行われた場所。同じ斎場から盟友の元へ旅立った。

戒名は「浄海院和譽辰照居士」。棺には「梅辰会」と書かれた法被、週に3~4回通うほど愛用していたスーパーマーケット紀ノ国屋の紙袋、ミルクティ、煎餅、ハイチュウ、昆布や塩などの調味料などを入れたという。

遺影についてせんだは「ダンディーな笑顔」。関係者によると事務所で撮ったもので、ノーネクタイの白のワイシャツに黒いジャケットを羽織ったものだという。

喪主を妻のクラウディアさんがつとめ、長女でタレントの梅宮アンナ(47)が親族を代表してあいさつした。葬儀中泣き崩れる様子だったが、あいさつの際は「最高のパパでした。(人工透析など)つらいことがある中で、苦しまず眠るように亡くなることができてよかった」などと気丈に語ったという。今後、お別れの会を所属事務所などが検討している。

その他の写真

  • 父で俳優の梅宮辰夫さんの葬儀に臨んだ梅宮アンナと思われる女性は運転席の後部座席に隠れるように斎場を後にした(撮影・小沢裕)