上原さくら一般男性と再々婚「良くない印象と不安」

タレントの上原さくら(42)が、一般男性と結婚したことを発表した。

上原は15日、ブログを更新。「今年のクリスマスは家族と一緒に過ごします。実は先日結婚したので(相手の方は一般の方です。私も一般の人間ですが。)夫と過ごすクリスマス」と明かし、「ブログでお伝えするべきなのかしばらく考えていたのですが、いつも私生活の一部をブログ記事にしているのに、結婚した事をこの先ずっとお話ししないのも不自然かなと思いまして、思い切ってアップしてみました!」とした。

多くのファンから祝福コメントが寄せられ、16日のブログで「沢山のお祝いメッセージをありがとうございました」と感謝。「正直言って、私のように何度も結婚したりする人間は一般的に見たらあまり良くない印象だと不安でしたので、私自身はもちろん今とても嬉し楽しい毎日ですが、世間体という事を考えるとブログに結婚したことや、結婚生活について触れた内容を書いても 勝手にやってくれ。なのかなと思ってしばらくお話しするのを躊躇っていたのです(勝手にやってくれ、もしくは全く興味なし!と思ってるかたの方が大半なのは百も承知ですが)」と、報告することをためらっていた理由を説明するとともに、「なのでこんなに沢山のメッセージを頂いて、信じられないほど嬉しくて朝からとても心が幸せです。ありがとうございます」とつづった。

上原は2003年にアパレルメーカー社長の遠藤憲昭氏と結婚したが、09年に離婚。11年に建築関連会社社長の青山光司氏と再婚したが、2013年に離婚が成立した。

◆上原(うえはら)さくら 1977年(昭52)3月31日、東京生まれ。高校3年の時、第19回ホリプロスカウトキャラバンのグランプリを受賞し、芸能界デビュー。主な出演ドラマは97年「ナースのお仕事2」、99年のテレビ朝日系「OLヴィジュアル系」、02年NHK大河「利家とまつ」など。映画は06年「デスノートthe Last name」。趣味はピアノ、読書、料理。162センチ。血液型A。