トニセン18年ぶりディナーショー 坂本が生演奏も

V6坂本昌行(48)長野博(47)井ノ原快彦(43)からなる「20th Century(トニセン)」が23日、都内で、18年ぶり2度目のディナーショー行った。

今年11月、デビュー25年目に突入したV6。トニセンメンバーが大人の魅力あふれるステージを見せた。坂本の「18年ぶりのディナーショーならぬランチショーにようこそ」に、ドレスアップした約700人のファンは歓声を上げた。

長野は「18年ぶりなので、前回とはまた違った大人の空間でみなさんと過ごせることが出来て、良い年を迎えられそうです。年を重ねてきたことで、ディナーショーという場でファンのみなさんと良い時間を過ごせたのがとても幸せでした」と振り返った。

同ショーでは坂本が自前のキーボードを持ち込み、生演奏を披露。井ノ原の「昨日はほこりをかぶっていたよね」に坂本は「スタッフさんがきれいにしてくれると思っていた」と苦笑。緊張の面持ちでイントロを演奏するが、間違えてストップ。「今日、取材が入っているのに!」と悔しがり、やり直す一幕もあった。

25周年について坂本は「ここまでしっかり歩めてきたのは皆さまのおかげですので、たくさんの感謝の気持ちを届けていきたいと思います」。井ノ原は「2020年は6人で楽しく過ごしたいと思います」と話した。

同ショーのために書き下ろした新曲「グレイテスト・ラヴァー」とクリスマスソングほか「LADY,LADY,LADY」「Honey」など全14曲を披露した。大阪を皮切りに全国5都市13公演でで約7300人の動員が見込まれる。