紳助さん「俺が責任」も負うべきはmisonoでは

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

11年8月に暴力団との「黒い交際」を理由に引退した元タレントの島田紳助さん(63)が13日、歌手でタレントのmisono(35)のYouTube「misonoチャンネル」に登場した。

misonoが仕事で大阪に行った際に会って、11日に山田親太朗(33)とともに撮影したという。

8年半ぶりの島田さんだったが、トークは健在。かつてMCを務めた、フジテレビ系「クイズ!ヘキサンゴン2」でブレークさせたヘキサンゴンファミリーを中心にいじりたおして笑いを取った。

日刊スポーツでもYouTubeから、ネット速報をアップして、大きな反響があった。夫のNosuke(30)ががんで闘病中のmisonoを助けたいという、島田さんの心遣いだ。

ただ、ちょっと気になったのは、矢口真里(36)の過去の不倫問題を取り上げて「思われてるようなふしだらではない」と擁護したこと。不倫でたたかれ離婚、再婚してタレントとして出直している矢口にとっては大きなお世話、触れられたくないことだろう。

島田さんは、動画の中で「俺が責任を持つから」と言っているが、芸能界を引退した島田さんが責任を取ったり、尻ぬぐいをするのが無理なことは自明だろう。

つまり責任は、動画をアップしたmisonoにある。動画は40分以上撮影されて、アップされたのは20分程度、約半分だ。もう1回アップする気なのか、それとも編集して短くなってのものなのか。

一昨年秋に大手事務所から独立して、自身の事務所を設立したmisono。そのYouTubeをアップしている当方が言うのは“目くそ鼻くそ”なのは重々承知で言いたい。大変なのは分かるが、責任を負うのは自分だ。心してかかってほしい。そして、頑張れ!