歌舞伎も働き方改革で4月から休演日 海老蔵ら希望

松竹は20日、同社が制作する25日間の歌舞伎公演について、4月から休演日を設定すると発表した。「働き方改革を進めるため重要であると経営判断した」という。

4月3~27日に東京・新橋演舞場で開かれる「四月大歌舞伎」公演では、15日が休演日となる。松竹は大劇場での歌舞伎公演の多くをこれまで25日連続で休みなく行っており、同社として長時間労働解消に向け、検討を進めたという。歌舞伎公演を巡っては、市川海老蔵ら俳優側からは休養の必要性を訴える声が上がっていた。