平手脱退の欅坂は無限大 小林、森田、田村ら粒揃い

  • NHK紅白歌合戦のリハーサルを終え、笑顔で撮影に応じる欅坂46(2019年12月29日)

欅坂46のセンター平手友梨奈(18)が、グループから脱退することが23日、分かった。グループの公式サイトで発表された。平手本人の意思を尊重して「卒業」ではなく「脱退」という言葉を使う形になったという。今後はソロで活動するとみられるが、詳細は未定。

  ◇    ◇    ◇

絶対的センターであるグループの顔が脱退し、欅坂46は大きな節目を迎える。平手以外にシングル表題曲のセンターに立ったメンバーがいない分、選択の幅は広い。キャプテン菅井友香(24)や、18年末のNHK紅白歌合戦で平手の代理でセンターを務めた小林由依(20)はじめ、能力の高いメンバーは多数いる。18年11月に加入した2期生も、森田ひかる(18)田村保乃(21)ら粒ぞろいだ。平手の脱退を受け、現メンバーが奮起する可能性も十分にある。関係者は「今後は全くの未定」と話すにとどまったが、新生・欅坂46の可能性は無限大だ。