TOKIOや窪田正孝ら聖火ランナーに起用 福島県

福島県は27日、東京五輪の聖火リレーで県内を走るPRランナーに、人気グループ「TOKIO」のメンバー4人を起用すると発表した。

TOKIOは日本テレビ系の番組「ザ!鉄腕!DASH!!」の人気企画「DASH村」で、福島県浪江町の里山を開墾し、農業などに挑戦。東日本大震災後は、東京電力福島第1原発事故の風評払拭(ふっしょく)のため、県産品の安全性をPRするCMに出演している。

内堀雅雄知事は「さまざまな場面で積極的に情熱を持って応援してもらった」と説明。TOKIOは「福島への恩返しの気持ちを込めて、復興に向けてがんばる福島の姿を全世界に発信したい」とのコメントを出した。

ほかに、春から放送のNHK連続テレビ小説「エール」で主演する俳優の窪田正孝や、福島県いわき市の温泉施設スパリゾートハワイアンズが舞台の映画「フラガール」に出演した、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃんらが選ばれた。PRランナーが走る区間は2月以降に決める。

福島県は47都道府県を巡る聖火リレーの出発地。3月26日に原発事故の対応拠点として使われたサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)をスタート、3日間で第1原発が立地する大熊町などを巡る行程。(共同)