松本人志「やりすぎたな」日本映画の過剰宣伝に見解

ダウンタウン松本人志(56)が16日、レギュラーを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)に出演し、本年度アカデミー賞で4冠に輝いた韓国映画「パラサイト」(ポン・ジュノ監督)に関連し、日本映画の過剰な宣伝傾向について語った。

番組では日本映画と韓国映画の違いについてトーク。司会の東野幸治(52)は、日本では映画公開直前に俳優が宣伝のために多くの番組に出演することについて「何となく役者の素の部分が分かってしまって、その結果映画に入り込めないのでは」と疑問を投げかけると、松本は「それもあると思う。最近の日本映画はプロモーションをやりすぎたなと思う」と見解を述べた。

この日ゲスト出演した俳優中尾明慶(31)はバラエティー番組で妻の仲里依紗について話すことが多々あり、「中尾君はどんな役をやろうがこの人は恐妻家だと思って見ちゃう。(番宣番組への出演は)日本特有でしょうね」と語った。

「パラサイト」は作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞を受賞。中尾は「僕も映画に出させていただいているので、日本映画界は今どう考えているのかなって思う。これが韓国映画じゃなくて日本映画だったらよかったかな。俳優さんも韓国映画は上手な人が多い」と話した。