Stray Kids「パラサイト」偉業は夢の道標

  • ロサンゼルスでワールドツアーの米ファイナル公演を行ったStray Kids
  • 3カ国で放送されるアニメ「神の塔-Tower of God-」のキービジュアル(C)Tower of God Animation Partners
  • ロサンゼルスでワールドツアーの米ファイナル公演を行ったStray Kids
  • ファンをバックにステージで記念撮影するStray Kids。左からヒョンジン、チャンビン、スンミン、バンチャン、フィリックス、ハン(手前)アイエン(手前)、リノ

【ロサンゼルス16日(日本時間17日)=横山慧】男性8人組K-POPグループ、Stray Kids(ストレイキッズ)が、マイクロソフトシアターで、ワールドツアーの米ファイナル公演を行った。

米アカデミー賞で作品賞など4冠に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の偉業にも刺激を受け、音楽界のトップを目指して全力疾走する。

   ◇   ◇   ◇

リーダーのバンチャン(22)が「ワッツアップ、LA?」と叫ぶと、黄色い大歓声を浴びた。「LAエナジーイズ、クレイジー!(LAのエナジーはすさまじいよ)」と笑った。人気曲「MIROH」など24曲を2時間半にわたってパフォーマンス。会場は8割以上が現地のファンで埋まり、観客7000人が熱狂した。

18年3月に韓国でデビュー。昨年1月からは、K-POPグループ史上最速となるデビュー1年足らずでのワールドツアーを行うなど、韓国で最も注目される若手グループの1つだ。今回は2度目のワールドツアーで、前回(12都市13公演)から倍増して21都市24公演を実施。来月18日にはアルバム「SKZ2020」で日本デビューも控える。

ロサンゼルスでは、ちょうど1週間前の9日(日本時間10日)、ハリウッドのドルビーシアターで第92回アカデミー賞授賞式が開催された。メンバー全員が鑑賞した、ポン・ジュノ監督の「パラサイト-」の4冠に、大きな刺激を受けた。ヒョンジン(19)は「すばらしい作品。監督さんも僕らが大好きな人です。同じ韓国人として誇りに思います。僕たちも一歩進んで、格好いいすてきなアーティストになりたいです」と語った。

この日のライブ会場は、グラミー賞会場のステイプルズセンターや、グラミー博物館の目と鼻の先にある。グラミー賞への思いを聞かれると、ハン(19)は恐縮しながらも「夢ですね」と笑った。バンチャンは「そういう大きな目標を成し遂げるために、準備や努力をしています」と答えた。スンミンは「ロサンゼルスで違う文化や雰囲気を味わって、たくさんの情熱ももらいました。またきっと戻ってきます!」と誓った。エンターテインメントの聖地の空気を吸って、大きな夢を現実に近づける。

◆Stray Kids 17年に韓国のサバイバル番組を経て結成。2PM、TWICEらを輩出した大手芸能事務所JYPエンターテインメント所属。韓国出身の6人とオーストラリア出身の2人で構成。愛称「スキズ(SKZ)」。18年から今年にかけて、韓国の音楽関連の新人賞11冠を獲得。平均年齢19・8歳。

○…異例の3カ国アニメタイアップも決まった。日米韓で今春同時公開されるアニメ「神之塔-Tower of God-」のオープニングとエンディング曲を担当する。それぞれ3カ国語のバージョンをレコーディングし、放送国に合わせた言語で放送される。スンミンは「3カ国語のレコーディングはかなり準備が必要でしたが、僕たちをより多くの方に知ってもらえると思う」と喜んだ。