坂口健太郎はピエロだった?うそ発見器に動揺

  • トークセッションで笑顔を見せる坂口健太郎(左)と永野芽郁

坂口健太郎(28)永野芽郁(20)が17日、都内で、主演映画「仮面病棟」のジャパンプレミアに出席した。

うそを見破るストーリーにちなんでうそ発見器が用意され、「ずばり、仮面病棟のピエロは私である」という質問に、坂口の波が大きく反応。「おれ、ピエロだったの?」と激しく動揺したが、スタッフが操作するドッキリだったことを明かされ安堵(あんど)した表情を浮かべた。永野は20歳を迎えて初の作品で思い入れが強いといい、「謎を解いていく感覚ってこんなに楽しいんだという感じです。楽しんでいってください」と呼びかけた。