C・プラット、T・ホランドと「兄弟の絆生まれた」

  • トム・ホランド(左)、クリス・プラット(AP)

「トイ・ストーリー」などで知られるディズニー&ピクサーの最新作「2分の1の魔法」(3月13日公開)のワールドプレミアが18日、先日のアカデミー賞授賞式と同じ米ロサンゼルスのエル・キャピタンシアターで開催された。

主演の兄弟の声を担当した「スパイダーマン」のトム・ホランド(23)と「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット(40)がそろってレッドカーペットに登場。プラットは「通常はバラバラに行う収録を今回はトムと一緒にやらせてもらった。魔法のように『兄弟の絆』が生まれたと思う」と振り返った。一方のホランドは「役者にはいろんな夢があると思うけど、僕の夢は映画でスーパーヒーローを演じることとクリス一緒にピクサー作品に出演すること。こうして夢がかない、自分はなんて幸運なんだと思っている」。

ハリウッドでも大親友として知られる2人が改めて絆の深さを印象付けた。