伊藤えみ12年ぶり写真集「エミルマ」逆から読むと

  • セカンド写真集「e mi ru ma」発売記念イベントを行った伊藤えみ(撮影・小沢裕)

グラビアタレント伊藤えみ(36)が24日、12年ぶりのセカンド写真集「e mi ru ma」(27日発売、ワニブックス)の発売記念イベントを都内で行った。

タイトルの「エミルマ」は、逆から読むと「丸見え」。ハワイで男性スタッフを締め出して撮影し、「全部出したらかっこいいかな、って、覚悟をきめてやりました。エミルマ状態をぜひご覧いただきたいです」と笑顔。チャームポイントのヒップも「ゴムチューブで筋トレして頑張りました」と話した。

新作を出すまで12年もかかった理由を「恥ずかしいが強すぎて、露出を拒んでいたから」とし、「お菓子の『ハイチュー』という言葉さえ恥ずかしくて言えない子どもだったので、水着の肩ひもさえずらしたことがないんです。でも、若い子よりガードが過剰で中途半端なのもアレかな、って」。家族に背中を押され、透け感がある白ビキニにも挑戦した。「12年で人はこうなる、という幸せな年のとり方が出ているハッピーな作品です」とPRした。