結婚清野菜名に聞いた恋愛観「好きになったらいい」

  • 清野菜名との結婚を発表した生田斗真

俳優生田斗真(35)との結婚を5日、連名で発表した女優清野菜名(25)に直接、恋愛観、男女観を聞いたことがある。17年9月公開の映画「パーフェクト・レボリューション」(松本准平監督)の公開を前に、清野にインタビューした。

清野は劇中で、リリー・フランキー(56)演じる脳性まひの活動家クマに恋する、人格障害を抱えたミツを演じた。障がいを抱え、年の差もある2人が時に激しくぶつかり合う姿を、障害者の性という大事なテーマも織り込みつつ、赤裸々に描いた作品だった。

作品のことを聞きつつ、最初に清野に投げかけた恋愛に関する質問は「年の差カップルを描いている側面もある。そうした男女関係を、どう思う?」。当時、一部で交際が報じられていた生田を念頭に置いての質問だった。清野は「好きになったら、いいんじゃないですかね。私は、あまり(年齢の)壁とかは感じないですね。好きになればジェネレーションギャップは合わせていけるんじゃないかな? 違うことで盛り上がればいいというか」とサラッと答えた。

次に聞いたのが「激しくぶつかり合うような純愛を演じて、恋愛についても考える機会はあったのでは?」という質問だった。清野は「(ここまで純愛は)ないですね。う~ん…型にはまりたくないなぁとは思いましたね。いろいろな難しい条件を重ねた2人が、いろいろな壁はあるけれど、愛というものだけで貫いているところが、私は、やっぱりグッときたので」と、作品に絡めつつ自らの恋愛観を明かした。

その上で、劇中でリリーとともに演じたカップルについて「2人で1つみたいなところが、クマとミツの中にはあったんだろうし、この2人じゃないと、みたいな感じもあったし…見ていて、私はすごくいいなと思う」と力を込めた。輝いた瞳は、今でも印象に残っている。

その上で、男女がぶつかり合う様を描いた映画を踏まえ「ぶつかってもらいたいですね。映画を見てもらった人に、それを感じてもらえたらいいなと思います」と答えた。

交際5年…。結婚を発表したコメントの中に「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え、より一層俳優業に邁進して参りたいと決意致しました」との言葉があった。一読した瞬間、最初は淡々と、途中から力を込めて男女について語った、清野の声が脳裏によみがえってきた。【村上幸将】