聞き入った小泉今日子の心地よい声での1人語り

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

小泉今日子が先日、TBSラジオ「あなたとラジオと音楽と」に生出演し、ラジオをテーマに1人語りでパーソナリティーを務めた。

小泉の心地よい声に聞き入って、あっという間の1時間弱だった。リアルタイムでSNSの書き込みを見ていたが、声の心地よさに反応する人も多かった。

デビュー同期の中森明菜の「スローモーション」(82年)を選曲した時には、SNSも盛り上がった。小泉は「中森明菜さんは同期で、出身番組も年齢も一緒。同志といいますか、頑張っているとうれしい。うん、同志です。この曲も大好きで、たまにカラオケも歌います」と話して曲を紹介、曲が終わっても「これがデビュー曲ってすごい!」と喜び、興奮していた。

小泉のTBSラジオでの番組パーソナリティーは初めてという。小泉は最後に「もうエンディング!? あっという間。楽しかった。うれしかった! またやりたいです。やりましょう」と言うと、再度「本当にまた会いましょう」と続けた。リスナーの質問やメッセージをたくさん紹介したくて、自分のことをあまり話せなかったと苦笑いしており、満足だけどもっと話したい、という熱量を感じた。

近いうちにまた、小泉の声をラジオで聞けることができそうだ。【小林千穂】