加藤雅也「会見中止になるかと」都内感染100人超

映画「銃2020」(武正晴監督、10日公開)完成発表会見が2日、都内の吉本興業東京本社で行われた。この日、都内で新型コロナウイルスの新たな感染者が107人と発表された中、60人強の報道陣が集まった。

佐藤浩市(59)は登壇の際、1人だけマスクを着けたままで、隣の加藤雅也(57)がマスクを取っているのを見ると、笑いながらマスクを外した。そして「ソーシャルディスタンスも、へったくれもない並びです。この距離で並ぶのは久しぶりの映画です」と苦笑いした。加藤は「(新たな感染者が)100人超えということで急きょ、中止になると思った。ここからクラスターが出ないことを望んでいます」と報道陣に向かって呼びかけた。

偶然、拳銃を拾ったことで事件巻き込まれる東子を演じる主演の日南響子(26)は「撮影していた時、こうなるとは思わなかった。どうなるかと心配していたが公開できて良かった」と笑みを浮かべた。自粛期間中に何をしていたかと聞かれると「私は元々、引きこもり。家にいることは苦じゃない。やったことのない楽器をしたり。(飼育している)鳥だけで意外とにぎやかに」と笑みを浮かべた。

日南は、司会から見どころを問われると一瞬、考えた。企画・製作の奥山和由氏から「(感染者が)100人超えで、キャンペーンは打てないんだから、言いたいこと、言っておきなさいよ!」と促されると「(登場人物に)まともな人がいない。昨日も見たけれど、誰もまともじゃない。開始0・01秒から最後の0・01まで、ずっとクレイジー。(演じた時)壊れていた。目に光がなかった」と語った。

「銃2020」は芥川賞作家・中村文則氏のデビュー作を映画化し、18年に公開された「銃」を奥山氏が着想し、新たな視点から描いた作品。中村氏が自ら原案・脚本を担当し、武監督が前作に続きメガホンを取った。前作に主演した村上虹郎(23)も西川トオル役で出演する。